空き家問題の現状と対策

空き家問題を考える

最近ニュースなどのメディアを騒がせているのが「空き家問題」です。本来であれば施主がしっかりと管理しなければいけませんが、適切に管理されないで放置されている空き家が全国各地で増えています。年々空き家率と空き家数が増加傾向にあります。空き家というと地方の問題と捉えている人もいるかもしれませんが、人口の多い都会でも空き家問題は無視できなくなっています。特に東京・神奈川・愛知・大阪などでも多くの空き家が存在しています。

空き家が増えていくというのは行政の問題だけでなく、問題になっている空き家の周辺に住んでいる住民に対しても衛生面や安全面に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。本来であれば住むための家を住んでいる人が管理するのが当たり前ですが、今日本全体で問題になっている少子高齢化などの様々な社会問題が空き家が増えている問題と深く関わっています。

根本的な問題を解決しなければ今後も行政が懸念している以上のスピードで空き家が増えていくと言われているからこそ、誰でも安心して生活することができるように、今から行政と民間が協力し合って空き家問題を解決していかなければいけません。当サイトでは今話題になることが増えている空き家問題について解説をしていきます。田舎だけでなく都会でも問題が起こる可能性があるからこそ、他人事だと思わないでみんなで考えていかなければいけません。


■空き家問題に関するお役立ちサイト■
空き家を処分しようと考えたら、取り壊しや売却などが解決案として浮かぶでしょう。お金のかからない方法なら、無料査定後に不動産売却ができるこちらのサイトが便利です ⇒ 不動産売却