空き家問題の現状と対策

問題になる原因

全国で増えている空き家問題の一番の原因が建物の老朽化です。建物が古くなってしまい、そのまま人が住まなくなっていくという状態です。人が住まないと手入れが行き届かなくなります。さらに換気や通水がされないと一気に老朽化が進んでしまいます。建物の老朽化が進行すると瓦が落下してしまったり、外壁が剥がれ落ちてしまう危険性があります。周辺に住んでいる人が怪我をしてしまう可能性もあります。建物を放置し続けることで他人を巻き込んでしまうことを理解しなければいけません。

建物の老朽化が進行してしまうと、さらに様々な問題が発生してしまいます。たとえば、建物が倒壊してしまう可能性があります。人的被害が出てしまうので、防災上の問題が地域住民を悩まします。さらに誰も住んでいない家に不法侵入して利用される可能性があります。そこから火事や放火が発生してしまう危険性があります。

このように空き家が増えることで様々な問題が発生しますが、防災や犯罪だけでなく景観や衛生の悪化にも繋がります。周囲の景観を損ねるだけでなく、ごみを不法投棄したり害虫が大量発生してしまう危険性もあります。このように古い建物が放置されることで、あらゆる問題が発生するからこそ、建物の放置を防ぐことが大切だということを理解しなければいけません。