空き家問題の現状と対策

問題を解決するために

全国で話題になっている空き家問題を解決する方法は、大きく分けて2つの考えがあります。

1つ目は空き家を解体することです。解体することで空き家を減らすことができます。所有者が責任を持って自発的に空き家を解体することを促すことが求められます。解体を促しても所有者が解体しない場合は、強制的にでも行政で解体していかなければいけません。

国でも空き家問題を解決するために法律を改正したり、空き家を保有している人に対して補助金を提供する制度の充実を図っています。行政だけでなく民間会社とも連携しながら、全国的に空き家が増えている問題を一刻も早く解決するよう対策がとられています。 撤去する家は早急に解体しなければいけません。しかし、全ての空き家を解体するのは限界があります。

そこで、取り壊すだけでなく空き家を有効活用する取り組みも並行して行わなければいけません。最近になって空き家バンクという言葉が使われています。これは居住者がいない家を活用するために、利用したいと思っている人に紹介する制度です。空き家問題を解決するために重要な制度として認識されています。今全国で空き家バンクの制度を活用して再利用されている建物が増えています。