空き家問題の現状と対策

空き家を活用する

空き家の建物は取り壊すだけでなく、活用できるものは取り壊さないでリフォームやリノベーションをして再利用する流れになっています。全国的に空き家問題が顕著になっていますが、このまま問題が進んでしまうと様々な問題が出てきます。取り壊すとしてもさらに固定資産税が高くなる課題などがあるので、古い建物をそのまま放置しているのが現状です。

そこで、官民が共同で様々な取り組みをしていますが、特に空き家を再利用するためにリフォームやリノベーションをして活用されている建物もあります。
リフォームやリノベーションをして人が住むこともできますが、シェアハウスや福祉施設などの公共施設などに改築して活用する事例も増えています。空き家バンクを活用しながらどのような物件があるかを見ながら、どのようなリフォームやリノベーションとして活用をすることができるかを判断しています。

地方の田舎で問題になることが多いですが、田舎では賃貸物件が少ないということもあって、シェアハウスをすることによって賃貸物件の問題を解決することができます。人が住むためのリフォームやリノベーションを手掛けている業者もたくさんあります。空き家問題を解決するために、取り壊すだけでなく、再利用することができる建物は活用する動きになっています。